その他美容

すっきりと美しくする

綺麗な肌を保つために、今よりももっと綺麗な肌にするためにはエステに行ったり、高額なクリームを買ったりすることも良いですが、とりあえず現在のスキンケア方法を見直してみるというのも良いと思います。

メイクを落とすクレンジングを少量のクレンジング剤で擦りすぎてはいないでしょうか。肌荒れや乾燥の原因となるので避けたいことです。
肌に負担をかけずにメイクや汚れを落とすには、クレンジングクリームがおすすめです。馴染みのメーカーのものをたっぷりと取って肌の上を優しく撫でるように動かしましょう。下から上へ動かすとアンチエイジングにも良いです。ある程度のマッサージしたら、蒸しタオルをあてて拭き取りましょう。汚れがすっきり落ちますし、肌がしっとりとします。

洗顔料は肌に負担のかけない優しい泡を必要とするので、ポンプ式で泡が簡単にたっぷりとでるものや、泡立ちやすいパウダー洗顔料をスポンジで泡立てて作るのがおすすめです。
たっぷりと手のひらに乗った泡で顔の表面に転がして、この程度の力で本当に汚れが落ちていくのか不安になるくらい優しく、これも下から上へ転がしていきます。耳の後ろや首回りにも泡を転がしていきます。
すすぎはぬるま湯で何度も顔に優しく当てていきます。細かい泡にくるまれた汚れもここですっきりと落ちていきます。少し多めかなと思うくらいの回数ですすいでいきます。

化粧水の前には角質をクリアする拭き取り化粧水を使うと、次の化粧水の浸透が違います。ここからですが、コットンは少し高めの質の良いものを使うと、途中で毛羽たったり顔の表面に繊維がこびりつくことはありません。
化粧水は一回手で顔につけて馴染ませて、それからコットンにたっぷりととってパッティングし、最後に両手でハンドプレスします。そのときに肌にちゃんと化粧水が浸透しているか確かめてみましょう。
乳液やクリームは使用料よりも少し多めをおすすめします。少なめにはしないようにしましょう。

日中は必ず日焼け対策をしましょう。見える所は日焼け止めを塗って、顔の場合は紫外線対策のあるファンデーションもしっかりと塗り、帽子や日傘で日を浴びすぎないようにしましょう。万が一日焼けをした場合はシートマスクで肌を冷ましましょう。